薄毛予防のために正しいヘアケア方法を学ぼう


ポイント1:シャンプーはシリコンとノンシリコンのうち自分に合う方を選ぶ
シリコンとノンシリコン、それぞれのメリット・デメリットを知ることで、自分に合ったシャンプーを探すのことが一番大切なことなのです。 「髪が細くボリュームがない女性の方」や「髪は短いほうで、洗い上がりはサッパリ派な女性の方」には、髪がぺたんこになりにくく、軽い仕上りになるノンシリコンタイプがオススメ。 「ヘアアイロンやコテをよく使うため、枝毛や切れ毛が気になる女性の方」や「髪は長いほうで洗い上がりはしっとり派な女性の方」は、広がりやすい髪をしっかりまとめ、ドライヤーの熱から髪を守るシリコンタイプがオススメ。
実は、シリコンが入っているシャンプーが悪いというわけではないのです。 シリコンは髪や地肌に悪い物質ではありません。むしろ成分としては、非常に安全性の高いものです。シリコンのメリット、ノンシリコンのメリットのどちらが自分の髪に必要とされているのかを考えることが大切なのです。色々試してご自身にピッタリなヘアケアアイテムを探すことはとても重要でしょう。
例えば、ヘアカラーなので髪が傷んでしまっていた場合は、ダメージケア用のシャンプー剤が必要だったりしますし、敏感肌であるならば、低刺激なものを選ぶ必要がありますよね。
ポイント2:ヘアケアの効果的な順番と、ひと手間が差を付けるのだということを知ること
毎日のヘアケアでは、
• シャンプーは髪の汚れを「落とす」
• コンディショナーは髪に「潤いを与える」
• トリートメントは髪の「潤いを閉じ込める」
という、それぞれが持つ効果と目的を意識しながら、上のように適切な順番で処方することが大切です。 特に、コンディショナーからトリートメントにかけては傷みやすい毛先をいたわる「ひと手間」を大切にしてください。
「使用前に髪の水気を十分に切る」
「髪の毛1本1本をいたわるようにもみこむ」
「毛先はしっかりなじませる」などといったちょっとした手間から美しい髪は生まれるのです。
また、トリートメントは、洗い流すタイプと洗い流さないタイプを併用することで、より良い仕上がりを手に入れることが出来るでしょう。
STEP3:丁寧に乾かす
きっちりヘアケアを行っても、自然乾燥では髪が傷みます。雑菌の繁殖を促す結果にもなり兼ねません。まずは、タオルドライでこすらず、そっと包むようにしてやさしく水気を取り除きましょう。
その後、ドライヤーを使います。髪は、熱に弱いのでやさしく乾燥させるようにしてください。雑菌の繁殖を防ぐため、手ぐしを通しながら頭皮を乾燥させることがポイントとなります。また、襟足から耳の後ろ部分にかけてもしっかり乾かしてください。髪がへたりにくくなりますよ。
仕上げに髪の毛の根元から毛先へとドライヤーの風をあてていきましょう。この作業をすることで、キューティクルの流れが整えられ、髪にツヤが出るのです。


薄毛予防のための正しいヘアケア方法

シャンプーをする事で一番大事なのが、頭皮の汚れをしっかりと落とす事です。
まずはシャンプの前にブラッシングを行い、ホコリやゴミを落としやすくしておきます。ブラッシングをする事で頭皮に刺激を与え血行もよくなります。
シャンプーをする前に、最初はお湯だけで充分に髪の毛を洗い流します。これだけでもかなりゴミやホコリを落とす事が出来るのです。
シャンプーの際に使用するお湯の温度は40度前後が最適です。
お湯でよく髪の毛をすすいだら、次はシャンプー剤を使用してシャンプーしていきます。この際に、直接頭にシャンプー剤を使用する方が多いかと思いますが、シャンプーはよくあわ立ててから使用しましょう。頭皮をマッサージするようにシャンプーしてください。
しっかりとシャンプーをしたら、しっかりとゆすぎシャンプー剤が残らない様に気をつけましょう。


薄毛用のヘアケア剤の選び方

ヘアケアの中で最も薄毛に影響しているのは、シャンプーだといわれています。 誤ったシャンプー剤選びは、より薄毛を招くこともあるので注意が必要です。
シャンプーは「高級アルコール系シャンプー」「石鹸系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」の 3つに大きく分けられます。
●「高級アルコール系シャンプー」
一般的なドラッグストアなどで販売されているもので、合成界面活性剤を洗浄成分としており、洗浄力が重視。 そのため、頭皮への刺激や負担が大きいので、薄毛の人向きではない。
●「石鹸系シャンプー」
洗浄力が強いです。しかし、体に有害な成分が入っていないことから頭皮への刺激は少ないです。 ただし、洗い上がりの毛髪がごわつきやすく、シャンプー剤が残りやすいので、しっかりとすすぎをする必要があります。洗い過ぎると頭皮に刺激を与え兼ねませんし、シャンプー剤が頭皮に残ったままだと、薄毛に悪影響を及ぼす可能性もあるので、薄毛の人向きではないです。
●薄毛の人におすすめなのが「アミノ酸系シャンプー」
洗浄力よりも頭皮への低刺激に重点を置いているため、頭皮への負担は少ないです。 ですから、薄毛の人やお肌が弱い人でも安心して使用できるでしょう。
ただし、アミノ酸系シャンプーの中にも天然ではなく、合成のものもあるので、 成分をしっかりと確認して、天然のものを選ぶことをオススメします。


薄毛予防のための食生活

正しい食生活とは「バランス」の取れた食生活を心がける事です。肉中心から魚・野菜中心の食生活にすることがポイントになります。
もちろん、肉を全く取ってはいけないということではなく、肉類を摂取する量を減らすという意識を持ちましょう。
タンパク質や脂質を魚介類から、ビタミン・ミネラル・食物繊維を野菜やきのこ・海藻から摂るように習慣づけると実行しやすいです。
栄養をバランスよく補給するには、合わせ食べがオススメです。

例えば、
  • 豆腐にかつを節をかけて食べる
  • 納豆に生卵をミックスして食べる
  • 豚汁(豚肉と味噌)に豆腐を入れて食べる
など。

次に、ビタミン・ミネラルは、 ビタミンAやらBやらCやら13種類。
ミネラルは、ナトリウム、カルシウム、リン、鉄、亜鉛など。
ミネラルやビタミン・食物繊維を多く含む食べ物は、

  • 緑黄色野菜……にんじん・トマト・ピーマン・ほうれん草・小松菜・オクラ・チンゲン菜・にら・モロヘイヤ・バジルなど
  • 淡色野菜………キャベツ・レタス・きゅうり・ごぼう・玉ねぎ・長ネギ・なす・白菜・たけのこ・大根・かぶなど
  • 果物……………いちご・みかん・リンゴ・なし・ぶどう・キウイなど
  • 海藻……………昆布・わかめ・のり・ひじき・寒天など
  • きのこ…………しいたけ・しめじ・なめこ・まいたけ・エリンギ・きくらげな
  • いも……………こんにゃく
など。


おすすめサイト

女性薄毛のための総合情報サイト「薄毛スタディ」は、妊娠や出産、働く女性の薄毛の悩みにお答えする薄毛の総合情報サイトです。